リサイクルショップのメリットはたくさんあります。この機会に少し自宅の側のリサイクル買取りを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

幼児用遊具と児童用遊具

遊具は子どもの発育に必要不可欠です。
身体の発達だけでなく脳の発育にも役に立ちます。

遊具は公園にあるブランコやシーソー、滑り台やジャングルジムなどを一般的に指しますが、室内で使用するオセロや将棋、卓球なども遊具と呼ばれています。

遊具は子供の体力や年齢によって分けられており、幼児用と児童用などがあります。
からだの小さな幼児と大きな児童が一緒に遊ぶ場合、負傷する場合があるので注意が必要です。

幼児用遊具と児童用遊具はできるだけエリアごとに分けて使うと良いでしょう。

公園から遊具が消える

最近では、子どもが遊具で遊んでいて、指などを挟んでしまう事故が起こり問題の遊具は撤去される。といった事が増えています。

公園から遊具が減った結果、子どもたちは遊び場を無くしてしまいます。結果、街の中で遊ばざるを得なくなり、少しでも広めのショッピングモールなどで走り回る子供が見られます。

本来公園では、見知らぬ人との交流が得られ、初めて会った同年代の子どもと遊ぶ事で社交性が身につけられたり、大型の遊具にしがみついたり、よじのぼったりすることで、体の発育を助けます。

親が自分の子どもをきちんと見ていてあげるだけでも、大きな危険を回避する事が出来る場合があります。

ページトップへ戻る